生活習慣病と勃起不全 | つらい勃起不全の改善にはED治療薬がとても役立ちます
menu

生活習慣病と勃起不全

散らばっている黄色い錠剤

EDは誰にでも起こるかもしれません。
誰にでもそのリスクはあるのです。
なぜなら生活習慣病の人に、EDが結構多いからです。
肥満、高血糖、高血圧の人は勃起不全になりやすいといわれています。
性交渉のとき、勃起が持続しなかったり不完全なとき、EDであるのと同時に生活習慣病も疑った方がいいかもしれません。
例えば、高血圧の人は陰茎海綿体の動脈に異常が起こることがあり、それが勃起不全へと繋がります。
また糖尿の方も血糖値が高くなり、それが動脈や神経に障害をあたえ、EDになってしまいます。
このように、生活習慣病の方は勃起不全のリスクを抱えているのです。
なので、逆にEDになったときはこれらの生活習慣病を疑うということも可能です。
また、ED治療薬がこうした症状を悪化させることはほぼありません。
ED治療薬のせいで高血圧や糖尿病、肥満症が悪化することはまずないといっていいでしょう。
また、不安な人はクリニックに相談してみましょう。
処方される前に、自分にはその疑いがある……といったことをおっしゃっていただければ、もっと詳しい説明がなされる事かと思います。
これらの神経・血管の異常による勃起不全ではない場合、ではなにが原因なのでしょうか?
肉体的な原因の他に、心因性のEDというのも考えられます。
続いて心因性のEDについてお話したいと思います。