治療薬の性質の理解 | つらい勃起不全の改善にはED治療薬がとても役立ちます
menu

治療薬の性質の理解

葉っぱの上に置かれている薬

ED治療薬は、EDの改善に非常に役に立つものです。
それは決して、ずっと効きっぱなしになるものではありません。
勃起というのは、性的な刺激によって起こります。
エロ本やそういう雑誌、あるいは画像や動画を観た際、脳みそが陰茎に対し信号を発するのです。
この信号というのは陰茎付近の動脈を拡げるというものです。
動脈が拡がると、陰茎の海綿体に血液が溜まって充満し、硬くなります。
これが勃起のメカニズムです。
要するに、動脈の動きが重要になるというわけなのです。
勃起できない状態というのは、この動脈が上手くうごいていない、あるいは血流が妨げられている状態です。
このようなときに海綿体に血液が集まらず、勃起できないのです。
バイアグラなどのED治療薬は、血管を拡張する働きがあります。
興奮時に血液が、陰茎の海綿体に集まりやすくするのです。
なので、個人差はありますが性的な興奮や刺激がなければ勃起はしません。
ED治療薬といえども、勃起がおさまらなくて困るということはないのです。
逆にいうと、性的な刺激を感じると勃起に繋がります。
なので、性交渉の直前に飲むようなものも存在します。
ED治療薬には種類があり、即効性と持続性のどちらを求めるかによって違うのです。