心因性の事例もあります | つらい勃起不全の改善にはED治療薬がとても役立ちます
menu

心因性の事例もあります

白い錠剤が入っている瓶

単に陰茎周辺や血管、神経の障害によるものだけではありません。
EDには他にも、精神的なストレスやトラウマなどから引き起こされることがあります。
たとえば、会社でなにか嫌なことがあったりだとか。
なにかうまくいかないこと、不安や焦り、プレッシャーがある時にも起こります。
勃起不全は必ずしも、病気の合併症というわけではないのです。
たとえば、子作り中の夫婦でもこのような事が起こります。
子作りをしなければ、という思いから、それがプレッシャーになり勃起ができなくなるということがあるのです。
このようなとき、自分で自分のことを責めてしまってそれがまた勃起不全を悪化させます。
ED治療薬はそのようなときに役立ちます。
心理的なプレッシャーや焦り、緊張があるとき、一度ED治療薬による勃起を体験すれば、それをきっかけに勃起ができるようになることがあるのです。
不安を解消し、「ちゃんと勃起できるのだ」という成功体験が自信につながって、勃起力が回復するというものです。
このような際は、ちゃんとED治療薬を処方してもらえば治る可能性も高くなります。
また、幼少期のトラウマなどの深層心因のEDということもあり得ます。
身体的にはなんら異常のないEDも、一時的なものだと放置せずに受診するのがおすすめです。